看護師・スワンさん

(1)患者様に会えて、自分も笑顔になれることがすごく嬉しい

患者様のことが大好き!という看護師のヴーディ・スワン・トゥイさん。透析看護の魅力、職場の魅力についてお話しをうかがいました。


-こんにちは。よろしくお願いします。

(スワンさん)
こんにちは。よろしくお願いします。

-看護師さんになって何年ですか。

(スワンさん)
12年ぐらいです。
学校を卒業して病院や救命センターで働いた後、ほのかクリニックと同じ法人の”医療法人社団 偕翔会 豊島中央病院”で働いていました。
その頃から、ほのかクリニックという透析施設が埼玉県にあって、すごく雰囲気が良い職場だという話しを耳にしていました。東京から埼玉県に引っ越すことになったので、こちらで働きたいとお願いしました。

-実際に働き始めての印象はいかがでしたか。

(スワンさん)
噂通り、雰囲気の良い職場でした。それと施設全体がきれいで、透析室や廊下が広いだけでなく、導線が考えられているので仕事がしやすいと感じました。
一番嬉しかったのは、患者様とふれ合う時間があることです。

-患者様とふれ合える喜び。

(スワンさん)
はい。自分でも理由はわからないのですが、患者様のことが大好きなんです。
毎日、仕事に来るのが楽しくて、患者様に会えて、自分も笑顔になれることがすごく嬉しいです。
看護学校にいる頃から思っていた仕事ができるので、看護師を目指して良かった、看護師になって良かったと感じています。

-透析看護は患者様との関わりが深いとうかがっています。

(スワンさん)
そうですね。私自身の経験を活かして、患者様のお身体・家庭事情・生活等の全体像を把握しながら「患者様がどう思っていらっしゃるのか?どうなりたいとご希望なのか?」を考えて、一緒に歩んでいくことができる看護の仕事だと思うようになってきました。
看護師だけの考えで仕事をしても、自分が孤独を感じてしまいますし、患者様も良い気持ちはしないと思います。患者様やご家族とのコミュニケーションを大事にして、一緒に歩いていけるのが透析看護の魅力だと感じています。

-職場内のコミュニケーションも大事なのでしょうね。

(スワンさん)
はい。チームで医療を行うことが大事なので、ドクターとのコミュニケーション、スタッフ間のコミュニケーションはすごく大事です。ほのかクリニックのコミュニケーションの良さが、施設全体の良い雰囲気となっているように思います。
また、スタッフ全員が患者様の言葉をとても大事にしています。どんなことでも聞き流すということがなくて、聞いたことはしっかりと共有して課題を解決しようとします。
「どうしたら患者様のためになるのか?」ということを一人一人が考えている透析施設だと思います。

(2)素晴らしい人たちに恵まれて仕事をしているので、すごく働きやすい

▲このページのTOPへ戻る