• 当院の紹介
  • 診療科紹介
  • 部門紹介
  • 実績
  • 病診・病病連携
  • 職員募集
一覧を見る
一覧を見る

ホーム

薬剤科

薬剤科紹介

豊島中央病院薬剤科では、院内の医薬品全般について安全かつ適切に使用されるよう業務を行うと共に、日々最新の知識と技術を学んでいます。また、チーム医療の一員として薬剤が使用されるさまざまな場面において、薬の専門家としての役割を担っています。特に腎臓病患者様や透析患者様は薬の使用量が他の疾患の患者様とは異なることが多いため、より慎重な確認作業が必要です。
当院薬剤科は病院1階にあり薬剤師が常駐していますが、薬剤師が不在になる際は完全に施錠されるようになっています。
以下、薬剤師の業務を紹介します。

調剤業務

医師の処方に基づいて、入院患者様の薬を調剤しています。このとき、処方箋に記載されている薬の量が適切であるか、飲み合わせの悪い薬が処方されていないか、患者様ごとに適切な処方内容であるかなどを確認しています。

注射調剤業務

患者様ごとに注射薬をセットして病棟に払いだしています。注射調剤は、調剤業務に加えて、注射薬の配合変化や投与速度、投与期間も確認し、注射薬が安全に使用されるように努めています。

病棟薬剤業務

入院患者様の持参薬の使用方法や服用状況を確認し、当院での同じ薬剤採用の有無、代替薬の提案などを行い、医師に情報提供しています。その他、市販薬の使用の有無、副作用・アレルギー歴の有無などを確認しています。また病棟カンファレンスに参加し、患者様がよりよい薬物療法を受けることができるよう、他の医療スタッフと連携しています。

薬剤管理指導業務

入院患者様の薬歴を管理し、処方内容が適切であるか確認しています。また、服薬指導を行い、薬の飲み方や薬効、注意点など、薬を安全に使用する上で必要な情報を提供しています。さらに退院後も適切な薬物療法が継続できるよう、患者様からの相談に応じています。

医薬品情報業務

医薬品に関する情報の収集、管理を行っています。収集した医薬品情報は、薬剤師のみでなく、医師、看護師などの他の医療スタッフに対しても情報提供を行い、医薬品の適正使用に取り組んでいます。

チーム医療への参画

患者様を総合的に診療するため、医師・看護師や他職種の職員と連携しています。病棟カンファレンス、感染対策チーム、栄養サポートチームや褥創回診にも参加し、薬剤師としての専門知識を提供することで、患者様のトータルサポートに貢献しています。

このページのトップへ