• 当院の紹介
  • 診療科紹介
  • 部門紹介
  • 実績
  • 病診・病病連携
  • 職員募集
一覧を見る
一覧を見る

ホーム

内視鏡室

内視鏡について

内視鏡って?

「内視鏡検査」というとちょっと難しいというか、身構えてしまうような印象があると思いますが、皆さんがよく耳にされる「胃カメラ」や「大腸カメラ」と呼ばれる検査が「内視鏡検査」です。
内視鏡検査では普段は見ることができない体の中の様子を、内視鏡の先端部に搭載された機械(小型撮像素子(CCDなど))を介してモニターに映し出し、医師が直接目で見ることによって、病巣(びょうそう)を確認することができます。また、見るばかりでなく見つけた病巣の、病変部分の切除や止血、胆石などの砕石(さいせき)・採石、異物摘出(てきしゅつ)などの処置治療もおこなうことができます。

内視鏡室では・・・

私たち内視鏡室スタッフは、消化器科のドクターの指導のもと、患者さんに精度の高い「胃カメラ」「大腸カメラ」の検査・治療が実施できるよう日々研鑚を積んでいます。
患者さんの不安を少しでも和らげる事ができるような対応を、スタッフ全員が心がけて行動しています。わからない事、不安に思われる事などありましたら、ご遠慮なくお声掛け・ご質問ください。

このページのトップへ

胃カメラについて

胃カメラ(上部内視鏡検査)って?

胃カメラ(上部消化管検査)は、逆流性食道炎、食道がん、急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープなどを診断できます。
胃癌は、長年にわたり日本人のがん発生数第1位であり、死亡数でも現在なお上位を占めています。初期の癌は症状がありませんが、初期のうちに治療すれば内視鏡的手術などにより完治することも可能です。胃癌の早期発見、早期治療のためにも定期的な内視鏡検査をお勧めします。

このような症状のある方に胃カメラをお勧めします。
  1. みぞおちのあたりに痛みのある方
  2. 胸焼けやもたれ感のある方
  3. 食欲不振や体重減少のある方
  4. 胃バリウム透視検査やペプシノーゲン法で異常を指摘された方
  5. 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の既往がある方
  6. 黒色の便の方

このページのトップへ

ピロリ菌について

ピロリ菌 ご存知ですか?

ピロリ菌は慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍を誘発し、その一部が胃がんに進行していくといわれています。ピロリ菌の除菌をおこなうことにより、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発率がきわめて低くなり、一部の慢性胃炎が改善することが明らかになっています。

ピロリ菌の「検査」と「治療」できます!

内視鏡を使わずに「検査」

血液や便を使ってピロリ菌がいるか調べます。

内視鏡を使って「検査」

内視鏡を使って胃の中の様子を観察すると同時に、内視鏡により採取した胃の組織を用いてピロリ菌がいるか調べます。

ピロリ菌の「除菌方法」!

一般的には1日2回×7日間 薬を内服していただきます。 除菌療法は、正しくお薬を服用すれば、約75%の確率で成功するといわれています。

※ピロリ菌感染が気になる方は、除菌療法の対象となる病気なのか?ピロリ菌の検査や除菌療法が必要かどうか?など、医師とご相談ください。

 

ピロリ菌 気になる方! 消化器・外科外来のご予約・お問合せ先

まずは、消化器・外科外来で専門医にご相談下さい。
【消化器外来のご予約・お問合せ】
月曜日~土曜日 9時~17時  電話03-3916-7211

<消化器・外科外来診察枠>
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
第3のみ
午前
午後 ×

 火曜日は隔週となります

「経鼻内視鏡」 ~鼻から挿入する胃カメラ~

胃カメラというと口から挿入するタイプがよく知られていますが、当院では鼻から挿入する胃カメラ=「経鼻内視鏡」も行っています。口から挿入する場合には、舌の付け根のところにカメラが触れるため、「おえっ」とする咽頭反射が起こりますが、鼻から挿入した場合には、この舌の付け根に触れないため、咽頭反射が起きにくくなります。

経鼻内視鏡のメリット 経鼻内視鏡のデメリット
内視鏡の太さが細いため、苦痛が少ない 鼻の疾患がある方は避けたほうがよい
口から挿入するよりも、吐き気が起こりにくい 緊急時処置に制限がある
検査中に会話ができる 鼻腔やその時の様態によって挿入が困難、時間がかかる場合がある

※鼻からの内視鏡検査をご希望の方は、ご予約時にご相談ください。
※医師の判断により口からの内視鏡に変更になる場合があります。

一度の来院で「診察」と「胃カメラ」できます!

一般的に胃カメラの検査を受ける場合には、「事前に来院し医師の診察・また別の日にもう一度来院して検査」というのが一般的ですが、当院では、医師の診察と胃カメラ検査を一度の来院で行うことができます。胃の調子が悪い、胃が痛いなど、気になる症状がある方は、お気軽にご相談下さい。

ご予約なし、当日来院で「胃カメラ」できます!

当日「胃カメラ」検査を希望される場合には、受付の際に窓口でお申しつけ下さい。
食事をしていないなどいくつかの条件を満たしている場合には、内視鏡検査実施日はご予約なしでも当日内視鏡検査を受けていただけます。

診察・検査とも予約の方を優先となります。当日でも、ご来院前にお電話をいただければ、その日の予約をお取りできることもありますので、ご来院前に是非電話でお問い合わせください。
当日、検査の前に医師の診察を受けていただきます。詳しくはお問い合わせください。

 

ご予約で「胃カメラ」をより効率的に!

お電話で、ご希望の日時の「診察」と「胃カメラ検査」のご予約をお取りいただけます。
【胃カメラ内視鏡検査のお問合せ・ご予約】
月曜日~土曜日 9時~17時  電話03-3916-7211

「胃カメラ」内視鏡検査実施枠
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
第1・3・5のみ
午前 × × ×
午後 ×

午前・・・9:00~11:00 (土曜日は第1・3・5のみ 10:00~11:00)
午後・・・13:30~15:00

このページのトップへ

大腸カメラについて

大腸カメラ(下部内視鏡検査)って?

肛門から直径1.0㎝位のスコープを挿入して、ポリープ等の大腸病変を見つけたり、病変組織生検や細胞診をしたりするための検査です。
近年では食生活の欧米化により大腸がんが急増しています。大腸がんの早期には症状のない場合が多く、発見が遅れることがあります。しかし、大腸内視鏡検査での早期発見(ポリープのうちに切除すること)により大腸がんによって命を落す可能性を低下させることが可能です。
早期発見のために定期的な検査をお勧めします。

外来で内視鏡的大腸ポリープ切除術(ポリペクトミー)できます!

ポリープを切除するには、以前は入院して外科的な手術が必要でしたが、最近では内視鏡でのポリープ切除が可能になりました。当院では、外来で内視鏡的大腸ポリープ切除術(ポリペクトミー)も行っています。
※ポリープの大きさによっては一泊入院が必要になる場合もあります。

「大腸ポリープ」って? こんな方は要注意!!

大腸にできる隆起性の病変を一般に大腸ポリープといいます。形、大きさ、など様々で、腫瘍性のポリープはそのまま放置しておくと少しずつ大きくなり、癌化するものもあるといわれ、早期に切除したほうがいい場合があります。
大腸ポリープの自覚症状はほとんどありません。便潜血検査で陽性になった場合には、必ず大腸の精密検査を受けるようにして下さい。便潜血が陰性でも、内視鏡検査でポリープや早期がんが発見されることもありますので、いずれの場合でも「大腸カメラ」検査おすすめします。

大腸ポリープ切除術のやり方

大腸ポリープ切除術のやり方

「大腸カメラ」検査を希望される場合には!

「大腸カメラ」検査の前に消化器科の医師による診察を受けていただき、診察時に、検査の日時をご相談させていただいきます。消化器科の診察予約はお電話でお取りいただけます。まずは、お気軽にお問い合わせください。
【大腸カメラに関するお問合せ・消化器外来のご予約】
月曜日~土曜日 9時~17時  電話03-3916-7211

<大腸カメラ予約枠>
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
第3のみ
午前 × × × ×
午後 × × × ×

※1 曜日によって検査時間は異なります

このページのトップへ

実際の検査の流れ

胃カメラ検査の流れ

PDFファイルでもご覧いただけます

胃カメラ検査の流れ

大腸カメラ検査の流れ

PDFファイルでもご覧いただけます

大腸カメラ検査の流れ

このページのトップへ

 

このページのトップへ