• 当院の紹介
  • 診療科紹介
  • 部門紹介
  • 実績
  • 病診・病病連携
  • 職員募集
一覧を見る
一覧を見る

ホーム

看護部

看護部紹介

看護部理念

「心ある看護」
その人らしさを尊重し、患者さんの心に寄り添うあたたかい看護を目指します

「信頼し合える看護」
豊かな人間性、確かな技術と専門的知識で、質の高い看護を目指します

看護部基本方針

  1. 命の尊厳と人権を守り、個を尊重する
  2. 専門職として誇りを持ち、心身の健康の保持増進と自己啓発に努める
  3. 看護の対象をあらゆる健康レベルにある自立した個人としてとらえ、その人の立場に立ち、患者中心の看護を提供する
  4. 安全で効果的なケアを目指し、患者・家族とともに行う看護を基本に、他職種とチーム医療を推進し、患者サービスの向上に努める
  5. キャリア開発のための継続教育を行い、専門職業人として、人間としての成長を支援する
  6. 変化していく社会動向、医療・福祉の状況に関心を持ち、病院運営・経営方針を理解して参画する

看護部長あいさつ

 看護部は、外来・透析室・病棟・医療連携室で看護サービスを提供しています。
 外来は療養支援とフットケア•看護相談、透析は治療の導入期から維持期までのケアと支援、病棟は一般病床と地域包括ケア病床があり、急性期から回復期までのケアと支援を実践しています。さらに、医療連携室では入院の受け入れや退院調整・支援などのベッドコントロールを担っています。
 看護部の特徴は、慢性看護領域において「継続看護」、つまり、患者さんと向き合い、寄り添い、外来でも、透析室でも、病棟でも「その人らしい療養生活」が営めるよう取り組むことを目的に、セクション間の垣根を越えた(一元化)看護サービスを提供していることです。例えば、病棟看護師が透析室で透析室看護師と共に入院患者さんの看護ケアを実践、あるいは、腹膜透析外来や療養指導外来では病棟や透析室の看護師が外来看護師と共に看護ケアを実践しています。
 そして、この一元化はスタッフ間のコミュニケーションを増し、チーム力の強化、働きやすい環境つくりにも役立っています。
 看護部は若手からベテランまで幅広い年齢層で構成されていますが、専門性を高めながら看護を楽しむ。そして、スキルアップが新たな看護への挑戦を誘い、さらに専門性が高まるという「正のスパイラル」を活かしながら「心ある看護」「信頼し合える看護」を目指し、日々、頑張っています。

このページのトップへ

教育体制

教育理念

専門職業人として、豊かな感性と高い倫理性で、質の高い信頼される看護を提供できる自立した看護師を育成する

教育目標

  1. 社会人として、かつ医療人として、基本的なコミュニケーション技術を身につけ、患者・家族・医療チームとの人間関係を良好に築くことができる看護師を育成する
  2. 専門職業人として、高い技術と専門的知識を深め、エビデンスに基づいた看護を実践できる看護師を育成する
  3. 看護の本質やおもしろさ・奥深さを自分の言葉で語る事ができ、相手を思いやり、尊重することのできる看護師を育成する
  4. リーダーシップ能力を身につけ、チーム活動を活性化できる看護師を育成する
  5. 社会の動向・医療環境を踏まえて、一人一人が自分らしくキャリア開発できるよう支援するための継続教育を行う
平成26年度看護部目標
  1. 安全で質の高い看護の提供
  2. 病院経営への参画

このページのトップへ

学会発表

このページのトップへ

部署別紹介

外来

外来の特色

当院では、内科、腎臓内科、糖尿病科、循環器科、呼吸器科、外科、消化器科、血管外科、整形外科、泌尿器科、眼科、慢性腎不全の療法選択外来の専門外来があります。二次救急指定病院となっており休日、夜間も対応しており当院での対応困難な病気の場合は、大学病院への紹介、転送と機能展開もしております。
また、病院の取り組みである「生活習慣改善くらぶ」や「IKEAJ」などの運営も主体的に行っております。

外来の看護方針

当院の特徴として、慢性疾患の患者さんが多く、かつ御高齢の患者さんも多いので、患者さんと、そのご家族の方が理解し、安心して診療に臨める様に、日々、窓口事務員、検査科と情報を共有し協力体制を取るなど連携に努めています。また、看護師は、患者さんに元気を与える為に「明るく元気に」をモットーに、患者さんとのコミュニケーションに大切にしております。とにかく看護師に話しかけてください、少しでも患者さんの不安を和らげ、安心して治療に臨めるように患者さんの目線に立った看護を目指しています。

主な取り組み
  • 内科・腎臓内科外来では、慢性疾患(高血圧・脂質代謝異常・腎臓病)悪化予防の為の生活指導とCKD手帳を使った自己管理指導を行っています。必要に応じて、管理栄養士、ソーシャルワーカーと連携を取っています。
  • 糖尿病科外来では、看護師による生活指導、フットケア担当看護師による定期的な足観察を行い、病状の悪化予防と合併症の予防に心がけています。
  • 呼吸器・循環器科では、睡眠時無呼吸症候群、心不全、不整脈の検査、ペースメーカーのチェック等、患者さんに分かり易く説明をして安心して臨めるようにオリエンテーションに力を入れています。
  • 消化器外科では、胃カメラの時に患者が不安なく検査がスムーズに進むように、話しかけながら誘導しています。
  • 血管外科では、下肢静脈瘤硬化療法前後のオリエンテーション、ブラッドアクセス手術後のオリエンテーションをし、患者さんが困らないように用紙を用いて分かり易く説明をしています。
  • 整形外科では、腰痛・膝痛のある患者に家で出来る健康体操と生活指導、湿布の貼り方を指導しています。
  • 泌尿器科では、水分摂取の必要性、自覚症状があった時の対応方法の指導を行っています。
  • CAPD外来では、接続チューブ管理、出口部管理、異常時の対応等の指導を行っています。治療の選択の情報提供と紹介も行っています。

透析

透析センターの特色

「最先端の透析治療の提供」ができるように、また「質の高い血液透析のある生活」を送れるように、システムを構築し、対応させていただきます。

受け持ち看護師の配置

職員透析センターは55床あり、看護師は患者さんのプライマリー制(受け持ち看護師制)を導入しています。患者さんだけでなく、ご家族や担当のケアマネージャーとの連携を図り、よりよい透析生活が送れるように日常生活の支援を行っています。

合併症対策

昨年、透析センターを中心にフットケアチームを立ち上げました。
下肢切断ゼロを目標に、透析患者さん全員の足観察に力を入れ、早期発見に努めています。また、炭酸泉浴の活用・LDL吸着・フットウェアの導入・必要時には爪切りや胼胝処置のケア、白癬治療の指導なども実施しています。
合併症予防のため透析患者さんの検査は年間スケジュールをたて、検査を受けていただいています。検査結果に問題がある場合は、専門医へのご紹介を行い、早期発見早期治療につとめています。

入職後のスキルアップ

透析経験のないスタッフ入職した場合は、透析についての指導を一から実施しています。新人看護師にはプリセプターナースが付き、独り立ちできるまでサポートを行います。独り立ちの目安は6ヶ月ですが、スタッフの理解度に合わせて進めているので、指導のスピードはケースバイケースです。
知識の習得のため病院主宰の勉強会が随時開催されていますが、透析センター内での勉強会も随時実施しており、自分達のレベルアップを図っています。

病棟

病棟の特色

主な診療科は一般内科、腎臓内科、糖尿病科、人工透析内科、一般外科、血管外科、泌尿器科です。疾患の治療から、生活習慣改善のための生活指導に力をいれています。医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床工学技士、理学療法士、ソーシャルワーカーなど多職種でなる医療チームが一丸となり、患者さん、ご家族をサポートしています。

病棟の看護方針

「その人らしさを大切にし、心に寄り添った丁寧な看護」を目指しています。固定チームナーシング継続(受け持ち制)を導入し、入院から退院まで、受け持ち看護師と看護チームで、患者さん個々の看護計画に基づいた看護を行っています。患者さんの治癒力や自立力を高めることを大切に、一緒に考えていきます。

スタッフ教育
研修プラン
  • 入職時研修
    目的:豊島中央病院の職員として、全職種の活動内容を理解する
    ⇒入職日からの2日間研修
  • 看護部間ローテーション研修
    目的:他部署間で業務の共有ができる
       お互いの動きを知り理解することで助け合いの精神を養う
       透析患者を知る(糖尿病・保存期・PD・外来透析・入院透析)
    ⇒実行計画:透析、外来、病棟 それぞれの部署間でのローテーション研修
  • その他の研修(委員会主催・院外研修・・・)

このページのトップへ

看護師さんアンケートのご紹介

豊島中央病院で働く看護師さん59名の素顔と本音をアンケート調査しました。
どんな魅力があるのか、実際に働いてみないとわからない職場の雰囲気や環境がわかります。

豊島中央病院で働く看護師さんたちの素顔!(PDFファイル)

このページのトップへ