• 外来
  • 入院
  • 血液透析
  • 腹膜透析
  • 当院のとりくみ
  • 相談窓口
一覧を見る
一覧を見る

ホーム

  • 血液透析

血液透析

職員 病室

血液透析とは

透析室腎臓は体内の老廃物や過剰の水分を、血液中から濾過して、尿として体外に排泄する臓器で、24時間休むことなく働き続けています。病気などが原因で、この腎臓の機能が著しく低下すると、体内の老廃物や過剰の水分を排泄できなくなります。
機能が低下した腎臓の働きを補うために、体外で人工腎臓を使って、血液中にたまった老廃物や過剰の水分を取り除き、きれいになった血液を再び体に戻す治療のことを血液透析といいます。
職員血液透析に要する時間は、現状では1回4時間、週3回が基本となります。血液透析は間欠的な治療ですから、24時間休むことなく働き続ける腎臓の働き全てを補うことはできません。そのため、日常生活についても、制限や不便が生じてきます。
私たちは、透析治療の精度を高めることで、透析治療を行う患者さんが少しでも快適に日常生活を送れるように、全力で取り組んでいます。また、長期の透析治療により併発しがちな合併症の予防にも積極的に取り組んでいます。

当院の血液透析の特徴

 

このページのトップへ