• 当院の紹介
  • 診療科紹介
  • 部門紹介
  • 実績
  • 病診・病病連携
  • 職員募集
一覧を見る
一覧を見る

ホーム

眼科

眼科紹介

診療紹介

眼科目が見えるということは、生活をしていく上で非常に重要なことです。健康な目を維持するためには、日ごろから目の状態や見え方に変化がないか、気を配ることが大切です。
目の病気は年齢によりさまざまですが、「眼自体の病気」と、「全身疾患に関連した眼の病気」があります。「眼自体の病気」の代表的なものとして白内障や緑内障が挙げられます。60歳を過ぎたあたりからはどなたでも加齢による変化として白内障が出始めます。緑内障は視神経が障害され、徐々に見える範囲(視野)が狭くなって、時には失明に至ることもある疾患で、最近では40歳以上の方に増えてきています。「全身疾患に関連した眼の病気」では高血圧に伴う眼底出血や、糖尿病による網膜症が挙げられます。どちらも早い時期から内科的治療と同時に眼科的介入を行えば、大事に至らずに管理できる疾患です。
当院では、熟練したスタッフおよび眼科専門医があらゆる眼科疾患に対応いたします。専門の検査機器を多数取り揃えており、目の病気が進行している場合にも、できるだけ視力の維持に努めていきます。当院の他科の医師とも連携して、総合的な医療の提供を行ってまいります。また、必要に応じて大学病院等へのご紹介もスムーズに対応が可能です。目の異常を感じた際には、早めに受診することをお勧めします。お気軽にご相談ください。

眼科医療機器
14列視力表

①14列視力表

オートレフケラト/トノメーター

②オートレフケラト/トノメーター

オートレンズメーター

③オートレンズメーター

ハンフリー視野計

④ハンフリー視野計

超音波画像診断装置

⑤超音波画像診断装置

3次元眼底像解析装置

⑥3次元眼底像解析装置

マルチカラースキャンレーザー 光凝固装置 MC-500 Vixi

⑥マルチカラースキャンレーザー 光凝固装置 MC-500 Vixi

*画像をクリックすると拡大画像を表示します

常勤スタッフ

屋宜 友子

屋宜 友子[専門分野]
眼科疾患全般
[経歴]
平成11年 東京女子医科大学卒業
[資格]
日本眼科学会専門医
眼科PDT研究会PDT認定医

ボトックス治療認定医
[所属学会名]
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会

 

このページのトップへ