• 当院の紹介
  • 診療科紹介
  • 部門紹介
  • 実績
  • 病診・病病連携
  • 職員募集
一覧を見る
一覧を見る

ホーム

外科・血管外科

外科・血管外科紹介

診療紹介

外科・血管外科とは、聞き慣れない方もいらっしゃるかと思いますが、末梢の脈管である動脈・静脈・リンパ管の病気を診断・治療する外科の一分野です。代表的な病名は下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、腹部大動脈瘤、頚動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、動脈塞栓症、リンパ浮腫、多汗症、そして透析用ブラッドアクセスの作成(内シャント造設)などです。これらの病気に対して、検査・診断・内服治療・手術・interventionを行っています。なお、心臓血管外科とは異なり、心疾患・胸部大動脈疾患の手術は行っておりません。

外科・血管外科の対象となる疾患
  • 拡張性動脈疾患 ・・・ 腹部大動脈瘤、四肢の動脈瘤、頸動脈瘤など
  • 閉塞性動脈疾患 ・・・ 下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)・パージャー症(TAO)
                動脈塞栓症・レイノー症
  • 静脈疾患 ・・・ 下肢動脈瘤、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)
  • その他 ・・・ 人工透析用のシャント作成術、リンパ浮腫、多汗症など

どのような症状のときに外科・血管外科を受診すると良いですか?

足の静脈が拡張・蛇行している、むくむ(下肢静脈瘤)、足が急に腫れた(深部静脈血栓症またはリンパ浮腫)、歩くとふくろはぎが痛くなり、立って休憩すれば再び歩ける(閉塞性動脈硬化症)、お腹に拍動性腫瘤を触れる(腹部大動脈瘤)などの症状です。下肢になかなか治らない皮疹・潰瘍がある、下肢が浮腫んでいるなどの症状も当科対象となります。もちろん慢性腎不全で内シャントが必要な方、以前内シャントをつくって不全が疑われる方も受診・ご紹介下さい。
特に下肢静脈瘤・下肢がむくむほどの症状は多いと思います。このような症状が気になり、専門家に話を聞きたいという方もお気軽に受診下さい。

とよちゅうだより 下肢静脈瘤特集 問診票ダウンロード

非常勤スタッフ

岩嵜 友視
岩嵜 友視

[専門分野]
消化器疾患全般
[経歴]
平成5年 東京医科歯科大学卒業
[資格]
日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
[所属学会名]
日本血管外科学会、日本静脈学会

服部 努
服部 努

[専門分野]
血管外科、血管内治療
[経歴]
平成10年 日本大学卒業
[資格]
心臓血管外科修練指導医
日本外科学会指導医
日本外科学会認定医・専門医
心臓血管外科専門医
日本脈管学会評議員
日本脈管学会認定脈管専門医
胸部・腹部ステントグラフト実施医・指導医
臨床研修指導医
日本血管外科学会認定血管内治療医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医
[所属学会名]
日本外科学会
日本心臓血管外科学会
日本血管外科学会
血管外科症例検討会(幹事)
日本胸部外科学会
日本脈管学会
日本血管内治療学会
日本透析医学会
日本静脈学会
日本循環器学会

このページのトップへ