HOME > 院長ご挨拶

<<前のページへ戻る

院長ご挨拶

ともに寄り添う、あたたかい透析医療をめざして


 これまで院長であった堀川先生が平成22年の開院より尽力されて、順調な診療をされてきましたが、理事長職に専念されるため、私が平成29年4月1日にさいたまほのかクリニックの院長に就任いたしました。

 私と堀川先生とは東京医科歯科大学医学部で同級生として共に学びました。その後は、同大学付属病院、信州大学、米国国立研究所、東京都立府中病院などで、診療および研究に従事しておりました。その後は埼友川口クリニックで17年間にわたり透析医療に携わってきました。

 透析患者さんは、腎不全に関連する症状やその他の合併症をおこすことがありますが、その予防、加療に総合的に他の医師、他のスタッフと協力して取り組んでいきたいと思います。また透析患者さんのご家族とお会いして症状の説明をして、連携を図らせていただければと思います。専門外来や入院加療は、透析導入施設および近隣の病院と協力して治療を進めましょう。

 順調な治療が続けられるようがんばりますので、よろしくお願いいたします。

医療法人社団偕翔会
さいたまほのかクリニック院長
高見 博弥

 【高見院長インタビューもご覧ください】
   (1)患者様とスタッフ、どちらにも
    満足していただけるクリニックでありたい

(平成29年5月インタビュー)

 

▲このページのTOPへ戻る