看護師・金子一女さん

(2)患者様のお気持ちを理解して、共感できることが大事

さいたま ほのかクリニックで働いてもうすぐ1年になる看護師の金子一女さん。新人さんとして奮闘した、この1年をふり返っていただきました。


-透析看護の特徴や仕事の魅力といったことは、どのように感じていますか。

(金子さん)
病院の透析室で携わったのが最初ですが、看護学校でも全く勉強しない分野でしたので、それほど興味を持っていたわけではありませんでした。
今は、とても知識が必要な分野だと感じています。とくに透析治療を受けるようなお身体の方の場合、合併症と言われているように様々な病気を患っていることが多いので、病気に関する知識がすごく必要になりますね。

-金子さんはどのように勉強されているのですか。

(金子さん)
自分で調べることもありますし、周りに聞くこともあります。
業務時間の中で、調べたり聞いたりする時間を持てることがあるので、わからないことは、その場その場で出来るだけ早く解決するようにしています。

-ある看護師さんが「解らないと仕事で不安になるから、勉強できる環境は必要」という話しを聞いたことがあります。

(金子さん)
確かに、解らないことは不安になりますよね。
解らないままにしていると、どんどん解らないことが増えてしまいます。
ですから、できるだけ早く解決するようにしています。

-1年間、ほのかクリニックさんで働いて、何か変わったことはありますか。

(金子さん)
実は、回診リーダー業務を始めたばかりで"あたふた"しているところです。
先輩の看護師さんにプリセプターに付いてもらっているのですが、なかなか難しいですね。
また、少しずつですが、透析看護の仕事への興味が増しているのも感じています。

-たとえばどういう点でしょうか。

(金子さん)
患者様は最初、これからずっと透析治療を受けていかなければならない状況を、なかなか受け入れられないことが少なくありません。そういう心理状況の中で、少しずつ状況を受け入れて頂き、どうしたら少しでも楽しい生活を送ることができるのか、生き甲斐といったものを患者様それぞれが探していくことが必要になります。
透析治療をしていくことは本当に大変だと思います。
でも、私が患者様のお気持ちを理解して、患者様にどう働きかけていくのか、何がお手伝いできるのかを考えながら関わっていくことで、少しでも前向きなお気持ちで暮らしていただけるようになればと思います。

-金子さんの中に「患者様のために自分は何をしたらいいのだろう?」という問いかけがいつもあるのでしょうね。

(金子さん)
はい。そうかもしれません。患者様のお気持ちを理解して、共感できることが大事だと考えています。

-難しいお仕事ですが、金子さんは遣り甲斐を感じていらっしゃるように感じます。

(金子さん)
はい。そうなのだと思います。
でも、それも周りのスタッフや患者様に支えて頂いているからこそだと思います。
すごく感謝しています。

-楽しくみんなで頑張れる職場なのでしょうね。今日はありがとうございました。

(金子さん)
頑張っていきます。ありがとうございました。

▲このページのTOPへ戻る