ホーム

News&Topic

2017年3月21日

3/18生活習慣改善くらぶ開催しました。

 今回は 『内視鏡でなにがわかるの?』と題して看護師による講演を行いました。内視鏡は世界に先駆けて日本で初めて実用化されて以来、今日に至るまで様々な技術的発展を続けています。今日では胃や腸の中を観察するだけではなく、以前は開腹しなければ切除できなかった腫瘍を条件さえ整えば内視鏡を使って開腹しないで切除できるようになってきています。
胃の内視鏡検査では従来の内視鏡をより細く柔らかくして、口からではなく鼻から行えるようにした経鼻内視鏡が開発され、より患者さんの負担が少なくなってきています。
気軽に受けられる検査ではないかも知れませんが、やはり早期発見・早期治療が大原則!胃や腸で気になる症状がある方は医師に相談してみてください。
講演の後は理学療法士による健康体操、管理栄養士の『腸内環境を整えよう』をお送りし、最後に簡単健康チェックを行い終了となりました。

次回、4月15日()の生活習慣改善くらぶは澤田院長の講演で『知っておきたい、おなかの病気』をお送りします。
お楽しみに!

IMG_5993.JPGIMG_6001a.JPG

                        

このページのトップへ