ホーム

  • News&Topic

News&Topicの最近のブログ記事

2017年10月25日

10/21生活習慣改善くらぶ開催しました。

今回は 『骨粗鬆症の検査』と題して駒井放射線技師による講演を行いました。
 骨粗鬆症の検査として骨密度測定が一般的には行われます。骨密度測定をする方法として、超音波を用いた方法とX線を用いた方法の二つに大きく分けられます。X線を用いる方法は手の骨のレントゲン画像から骨密度を計算する方法と、腰椎と股関節の画像から骨密度を計算する方法があります。現時点で一番精度が高く、推奨されているのが後者の骨密度測定専用機器を用いた腰椎・股関節を測定するDEXA法という測定法になります。豊島中央病院では昨年導入した高精度の測定装置を使用してDEXA法で骨密度測定を行っています。年齢とともに骨密度の減少を避けることはできませんが、生活習慣の改善や適切な治療薬を使用することで骨密度を改善できる可能性があります。骨粗鬆症が進めば骨折の危険性が増し、骨折した場合は最悪、寝たきりの生活を余儀なくされるかもしれません。健康寿命を延ばすためにもご自身の現状を把握することは大切です。一度も測定したことがない方は一度測定してみることをお勧めします。測定する場合はその施設でどんな測定機器・方法で行っているか調べてから受診されると良いでしょう。
講演に続いて永崎理学療法士の『楽しく転倒予防、楽しく棒体操』、三平管理栄養士の『転倒予防と食事』をお送りしました。
次回、120()の生活習慣改善くらぶは新春恒例のレクリェーションを行います。お楽しみに!
IMG_6151.JPGのサムネイル画像
IMG_6162.JPGのサムネイル画像

2017年9月 1日

とよちゅうだより 9月号を発行いたしました !!

今月の とよちゅうだより は、 "看護外来" のご案内です。

専門性の高い看護技術・知識を持つ看護師が疑問悩みをお聞きします。


09月号はこちらから >>  とよちゅうだより09月号


お読みいただきありがとうございます。



2017年7月19日

7/15生活習慣改善くらぶ開催しました。

【7月15日第68回生活習慣改善くらぶレポート】
 今回は 『危険のサイン気付いてますか -- STOP 熱中症 --』と題して小高看護師による講演を行いました。
今年は猛暑が予想されています。なんでもラニーニャ現象からくる影響で特に西日本ではチベット高気圧、太平洋高気圧のダブルパンチでスーパー猛暑になるそうです。すでに全国的に熱中症の注意が連日発令されている状況ですので、野外での仕事、スポーツや高齢者の方は自宅内にいても注意が必要です。今回の講演では日射病、熱射病、熱中症の違いや,その症状について、自宅でできる経口補水液の作り方をご紹介しました。
つづいて管理栄養士の『体内時計を整えよう』と題した講演ではこの時期、睡眠不足や食欲の低下などで体調を崩しがちです。体内時計のズレは、生活習慣病の原因にもなります。体内時計を整えるうえで重要な役割を果たしているのが睡眠です。睡眠には睡眠ホルモンが関与していて、ホルモンを増やすための効果的な食材、食事の摂り方を紹介しました。体内時計を整えて、スーパー猛暑を乗り切りましょう!
講演のあとは検査装置を持ち込み血管年齢測定を行いました。みなさん結果に一喜一憂でしたが、中には精密検査が必要と思われる方もいらっしゃいました。定期的なチェックは必要ですね。
1021日第70回生活習慣改善くらぶ案内】
 次回、1021()の生活習慣改善くらぶは初登場の放射線技師による『骨粗鬆症の検査』と理学療法士の『楽しく転倒予防、楽しく棒体操』をお送りします。
お楽しみに!

IMG_6075.JPG
IMG_6099.JPG

2017年7月 1日

とよちゅうだより 7月号を発行しました!

今月の とよちゅうだより は、豊島区が行っている健診 "特定健診" のご案内です。

対象のかたには、受診券が郵送されます(誕生月によって郵送時期が異なります)。

歳のせい? 疲れているだけ?この機会に健康をチェックしてみてはいかがでしょうか?


07月号はこちらから >>  とよちゅうだより07月号

お読みいただきありがとうございます。






2017年4月18日

4/15生活習慣改善くらぶ開催しました。

415日第68回生活習慣改善くらぶレポート】
今回は 『知っておきたいおなかの病気』と題して豊島中央病院 澤田院長による講演を行いました。
"おなかの病気"と一言で言ってもおなかの中には胃・小腸・大腸、それから肝臓・胆のう・すい臓・脾臓たくさんの臓器があり、病気も様々、症状もさまざまです。医師でさえ症状を聞いただけで診断下すことは不可能で、やはり適切な検査が必要となります。講演の中では各臓器ごとに代表的な病気と症状の解説、講演の最後では、"脳腸相関(腸脳相関)"の話題と医師選びのポイントをお話ししました。腸は"第2の脳"と言われるほど脳と密接な関係があります。腸内環境を整えることも大切ですね!
講演の後は理学療法士による健康体操、管理栄養士の『伸ばそう健康寿命 --食事で防ぐサルコペニア--』をお送りし、最後に簡単健康チェックを行い終了となりました。
715日第69回生活習慣改善くらぶ案内】
次回、422()の生活習慣改善くらぶは看護師の講演で『危険のサイン気付いてますか? --STOP 熱中症--』と測定機を持ち込んで血管年齢測定を実施します。
お楽しみに!

IMG_6029.JPG

IMG_6038.jpgのサムネイル画像

2017年3月21日

3/18生活習慣改善くらぶ開催しました。

 今回は 『内視鏡でなにがわかるの?』と題して看護師による講演を行いました。内視鏡は世界に先駆けて日本で初めて実用化されて以来、今日に至るまで様々な技術的発展を続けています。今日では胃や腸の中を観察するだけではなく、以前は開腹しなければ切除できなかった腫瘍を条件さえ整えば内視鏡を使って開腹しないで切除できるようになってきています。
胃の内視鏡検査では従来の内視鏡をより細く柔らかくして、口からではなく鼻から行えるようにした経鼻内視鏡が開発され、より患者さんの負担が少なくなってきています。
気軽に受けられる検査ではないかも知れませんが、やはり早期発見・早期治療が大原則!胃や腸で気になる症状がある方は医師に相談してみてください。
講演の後は理学療法士による健康体操、管理栄養士の『腸内環境を整えよう』をお送りし、最後に簡単健康チェックを行い終了となりました。

次回、4月15日()の生活習慣改善くらぶは澤田院長の講演で『知っておきたい、おなかの病気』をお送りします。
お楽しみに!

IMG_5993.JPGIMG_6001a.JPG

                        

2017年2月22日

2/18生活習慣改善くらぶ開催しました。

 今回は 澤田院長の講演で『ほったらかしにしていませんか??本当は怖い糖尿病のはなし?』と題してお送りしました。
みなさん『糖化』ってご存知ですか?近頃、美容の方でも話題に上るようになっています。
糖化とは体の中に過剰に存在する糖分がタンパク質と結びついてAGE(終末糖化産物)と言われる物質をつくります。このAGEが糖尿病、がんにも関係しているらしいのです。またお肌の老化を早める原因にもなっているようです。しかしながら糖分も体にとっては必要なエネルギー源です。大切なのは摂りすぎないこと、また食事の際に野菜から先に食べることで血糖値の上昇を抑えるなどして、日常の生活の中でAGEの産生をより少なくすることは可能です。やはり生活習慣は大切ですね!

IMG_5936.JPGのサムネイル画像

また次回も、健康生活に役立つ情報を皆さんにお届けします。ご来場お待ちしています!

次回、318()の生活習慣改善くらぶは『胃カメラ・大腸カメラで何がわかるの?』をお送りします。

お楽しみに!

2017年2月 2日

1/21生活習慣改善くらぶ開催しました。

 年が変わって最初の生活習慣改善くらぶの開催となりました。
新年1回目は毎年恒例となりましたリクリエーション企画です。おなじみとなりました、チーム対抗ミニボーリング大会と新企画のお手玉を的に投げ入れるゲームを個人戦で競い合ってもらいました。
今回新たに投入したお手玉を投げ入れるゲームは単純なゲームですが、意外と奥が深い?(笑)
皆さんの反応を見るまでは楽しんでもらえるかどうか不安もありましたが、心配無用でした。あちらこちらで、歓声があがり大いに盛り上がっていました。
終了後は参加者の方々から"楽しかった?!"のお言葉をたくさんいただき、スタッフ一同も大満足でした。

今年も皆さんに喜んでいただけるように頑張っていきますのでよろしくお願いします!!

【2月18日第66回生活習慣改善くらぶ案内】
次回、2月18日(土)の生活習慣改善くらぶは『ほったらかしにしていませんか??本当は怖い糖尿病のはなし?』と題しまして澤田院長の講演です。お楽しみに!


IMG_5881.JPGのサムネイル画像 IMG_5887.JPGのサムネイル画像

2016年11月24日

11/19生活習慣改善くらぶ開催しました

<11月19日第64回生活習慣改善くらぶレポート>
今回の生活習慣改善くらぶは、糖尿病検査と合併症と題しまして、当院の山田臨床検査技師が講演を行いました。皆さんご存知ですか?毎年、11月14日は国連で定められた『世界糖尿病デー』です。日本でも179ヶ所でブルーライトアップイベントが開催されていて、当日は東京タワーもブルーにライトアップされています。
 
さて、日本では厚労省が平成25年に行った調査によれば糖尿病が強く疑われる人は約850万人、糖尿病の可能性が否定できない人は約680万人と推定されています。もはや身近な病気と言わざるを得ません。糖尿病は生活習慣病の代表選手のような存在で、生活習慣改善くらぶで何度も取り上げている疾患です。怖いのが、その合併症は多岐にわたり心臓、脳、神経、腎臓、目など生きていく上で大変重要な臓器に障害を引き起こすことです。糖尿病は生活習慣を改善することにより予防できる可能性があります。バランスのとれた食生活と適度な運動が大切になります。健康なうちに生活習慣を改善し、定期的な健康チェックを行って健康寿命を延ばしましょう!
生活習慣改善くらぶはそんな皆さんのお手伝いを行っています。皆さんのご参加お待ちしています!!
 今年の生活習慣改善くらぶは今回で最後となりました。今年もたくさんの方々に応援いただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
1月21日第65回生活習慣改善くらぶ案内
次回、12月はお休みをいただいて1月21日(土)の生活習慣改善くらぶは趣向を変えてミニ・ボーリング大会を開催いたします、お楽しみに!


 




2016年10月 7日

とよちゅうだより10月号を発行しました!

今月のとよちゅうだより、テーマは「歩く(ウォーキング)」です。
時まさに、スポーツの秋、軽く汗をかいても気持ちの良い季節です。

健康運動指導士の森山さんから、目標30分、ニコニコペースのウォーキングを
ご提案しています。
また、「いやいやそんな大げさでなく」という方には、
とよちゅうだより的お気軽&簡単ウォーキングも!
ぜひご覧ください。

今月も盛りだくさんのとよちゅうだより10月号はこちらから>>toyochu-dayori 2810.pdf

今月もお読みいただきありがとうございます。

walking.png

このページのトップへ